結婚への果てしなく長き道のり

同棲カップルから結婚に至るまでの日々を書き綴っていくブログ。

【読書ネタ】『あした死ぬかもよ?』レビュー

スポンサーリンク

『あした死ぬかもよ?』という本を読みました。
すごいタイトルの本ですが、他人事ではありません。
最近だと志村けんさん。
亡くなってしまいましたね(´;ω;`)
コロナウイルスに感染したというのは知っていましたが、また元気な姿で戻ってくると思い全く疑っていなかっただけに…ショックです
志村さんの死によって、コロナウイルスの怖さが急に大きくなったような気がします。
人はいつか死ぬという事は分かっていても、いつ何によって死ぬかは分からない。
明日があると思えるのは幸せな事だなと強く実感した瞬間でした。

【人は必ず死ぬもの】

誰もが必ず死ぬわけですが、果たしてそれを身近に意識して生きてる人がどれだけいるでしょう。
少なくとも私は、全く意識していませんでした
  • 今日がダメでも明日がある。
  • 明日がダメでも明後日がある。
そう思って、今日この時にやるべきことから逃げて先送りしてしまう。

f:id:shine2318:20200401150911p:plain

【もし、明日が来ないと分かっていたら】

私はどうするだろうか。
いつも通りに仕事に行くだろうか。
いや、行かない。
仕事が嫌いとか行きたくないという訳ではありません。
むしろ、私は今の仕事に就けて幸せだと思っていますし、天職だとすら思っています。
それでも人生最後の日だと分かっていたら、おそらく仕事には行かないと思います。
今日が人生最後の日だとしたら、奥さんと一緒にツーリングに行きたいと思います₍₍ ◝( ゚∀ ゚ )◟ ⁾⁾
バイク神社に行って、奥さんの無事故祈願をしたいと思います。
奥さんはまだ無免許ですが、人生最後の日にそんなこと関係ないですしね笑
私は今日で人生終わり。
だから私の分の無事故の祈願をする必要はないと思うので、代わりに来世の祈願プラス今までの人生への感謝でもしておこうと思います笑
そして二人で美味しいコーヒーでも飲んで、いつも通りに過ごせたら幸せかなと思います(・∀・)
そんな私が今回読んだ本
『あした死ぬかもよ?』のレビューをしていきたいと思います。

『あした死ぬかもよ?』のレビュー

伝えたい内容としては大きく4つ
  • 後悔なく生きる
  • ドリーム(夢)を生きる
  • ミッション(志)を生きる
  • ハートの声(本心)で生きる
この4つです!
それでは1つずつ見ていきましょう₍₍ ◝( ゚∀ ゚ )◟ ⁾⁾

【後悔なく生きる】

だいたいの人がそうであるように、私自身も明日が来るのを前提に生きています。
でもそんな保証はない。
逆に明日死ぬとしたら、今辛いことや悩んでいることなんて大した問題ではないということ。
明日で全部が終わってもいいように、明日死ぬときになって後悔のないように生きようというメッセージを送ってくれます。

【ドリーム(夢)を生きる】

死ぬときになってやり残しがあるとすれば、それは何だろう。
それをやってみよう。
 
『いつかやろう』と思ってて、その『いつか』が来るのはいつだろう。
どうせ自分で決めるのだから、日付を先に決めてしまおう。
決めてしまえば、それに向かって動くはずだから。
死ぬまでにやろうと思っていることリストを10挙げてみよう。
こんな映画ありましたね(・∀・)

【ミッション(志)を生きる】

誰であってもいずれ死ぬ。

であれば、その生きている間の命を何のために、誰のために使うかということが書かれています。
私だったら、奥さんが喜んでくれるようなことに使いたい(・∀・)
仕事では苦しんでいる患者さんの助けになれるように。
そして一緒に喜んでいれたらいいなと思います。
  • 自分
  • 奥さん
  • 仕事仲間
  • 患者さん
みんなに喜んでもらえるような生き方が出来たら最高ですね(人*´∀`)。*゚+

【ハートの声(本心)で生きる】

『もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか?』

byスティーブ・ジョブズ

 

このスピーチは有名なものですが、まとめると3つのことについて話しています。

(点と点をつなげること)

  • 私達は将来どうなるかを予見することは出来ない。
  • 出来るのは今やっていることが将来どこかにつながると信じること。
  • それが後に大きな違いをもたらす。

(愛と敗北)

  • 最悪の出来事があっても、信念を見失わないこと。
  • 本当にやりがいを感じられる仕事を探して見つけ、やり続けよう。
  • 好きな仕事は素敵な恋愛と同じで、時間が経つほどより好きになるもの。
  • 見つかるまでは安易に妥協しないこと。

(死について)

  • 死ななかった人間は今まで一人もおらず、人生の時間は限られている。
  • だから他人の人生を生きるのではなく、自分の心や直感に従う勇気を持つことが大切。
これが全てかと(・∀・)
『嫌われる勇気』が流行りましたが、これに近いものがあると思いました。

【まとめ】

いかがでしたか?(・∀・)
私個人的に感じたこととしては、こんな時だからこそ
  • 生や死について
  • 自分の人生について
  • 奥さんや両親、兄弟について
考えるよい機会になりました。
  • 自分はどう生きたいのか
  • どんな人生になったら最高にハッピーなのか
考えるきっかけには最高の1冊といえるものです٩(ˊᗜˋ*)و
誰かの参考や助けになると幸いです!
 
今回も最後まで読んで頂き、
ありがとうございましたー!!