結婚への果てしなく長き道のり

同棲カップルから結婚に至るまでの日々を書き綴っていくブログ。

【転職ネタ】転職を決意した3つの理由とその経緯

スポンサーリンク

以前、転職を考えているという記事を書きました。

 

www.shinejijitukon.work

 今回は続編。

退職の理由としては大きく3つ

  • 給料が安い:手取りだいたい23万くらい

  • その割に拘束時間が長い:昼休みも込みで1日だいたい14時間くらい

  • 会社との価値観が合わない:これが一番決定的かも

まぁよくある理由ですね(・∀・;)
理由に関しては、そのまんまなので省略。
 
ていうか、今まで言い忘れていました。
私は整骨院で勤務する鍼灸師(しんきゅうし)です。
 
鍼灸師の仕事は、文字通り鍼(はり)や灸(きゅう)を使って患者さんの治療(法的には施術)を行うことです。
資格を取って8年、今の会社(業界では大手)に入って5年目になります。
 
それ以前も別会社で整骨院に勤務していましたが、
  • キャリアアップ
  • 開業に向けてのノウハウを学ぶ
  • 会社がブラックすぎる笑
といった理由から、現在の会社に転職してきました。
現在の会社が完全ホワイトとは言い切れませんが、今の会社に転職をして本当に良かったと思うし、拾ってくれた会社には感謝しかありません(・∀・)
にも関わらずなぜ転職するということになったのか。
これを今回は書いていきたいと思います。

【整骨院業界の現状】

全国にある整骨院は約50,000件。
コンビニの数が約58,000件(2019年3月時点)なので、コンビニよりはやや少ないものの、結構な数の整骨院があります。
 
これにマッサージ院や整体院、鍼灸院なども含めると、その数は約130,000件。
治療院というカテゴリで見ると、コンビニをはるかに上回る数となります。
 
しかし日本の人口は減少傾向にあるため、業界全体が激しい競争状態にあるといえます。

【なぜこの業界を選んだのか】

理由としては『儲かりそうだな』と思ったのがきっかけです笑
ゲスな理由で申し訳ないんですが、事実だから仕方ない(・∀・;)
 
この業界に入る前、私は飲食業界(某牛丼チェーン店や讃岐うどんチェーン店)にいました。
店長やマネージャー職もさせて頂き、何だかんだ10年近く過ごして1番感じたのは
『飲食業は売れるけど、儲からない』
ということ。
何故なら原価が高かったから。
 
整骨院では、飲食業でいう食材原価(小売りなどでいうところの仕入れ)がほぼありません。
つまり、売上≒粗利益な訳です。
これってとんでもないことですよね笑
 だからそれを知った時は衝撃的でしたし、業界に入ることを決めました(・∀・)

【実情】

そもそもの接骨院(=整骨院)は、ケガの手当てをする(応急処置)ところ。
その時代は今ほど整形外科も多くなかったので、応急処置をするというのが始まり。
 
整形外科が増加してくると、外傷の患者層が減り、整形外科であぶれた層というのが整骨院のメインの患者層になってくる。
いわゆる機能的疾患(骨や関節など組織に異常は認められないが、痛みやしびれなど症状がある状態)の患者層がメインになっている。
 
そのため、症状に対しての施術とともにその原因となる姿勢や筋力や柔軟性に対してのアプローチに注力するのがトレンドとなっている。
これらの治療は保険適応外であるため、自費での治療となっているのが現在の整骨院事情です。
 
もちろん昔ながらの整骨院もあるので、全てがそうとは限りませんが(・∀・)
 

f:id:shine2318:20200308233440p:plain

【治療家に求められていること】

治療(施術)の技術はもちろんだが、患者さんへの説明や自費治療の提案などの営業力(セールス力)というのも求められている。
 
むしろバランスでいうと、
セールス>治療技術
かもしれません。
他社との競争が激しくなると、どうしたって規模や数に物を言わすようになりますしね。
 
私自身、お金を儲けるのが悪とは全く思ってはいません。
『売上=患者さんからの信頼や感動や感謝』
だと思っているからです(・∀・)
が、予算や目標としての売上がまずあって、そのために1日何人にこの治療の提案をするというやり方は、私には違和感があります。
予算や目標を達成する事なんて、患者さんにとっては何の関係もない事ですから。
 
 

【理想と現実のズレ】

業界に入ると決めたとはいえ、話はそう簡単でもありませんでした。
まず資格を取らないといけません笑
そのためには専門学校で3年間勉強して、国家試験に合格しないといけない。
 
で、免許を取得して就職する訳ですが、まぁ給料は安い拘束時間は長い
要するに儲かってるのは使う側だけっていうやつです(˘・_・˘)
それで分かりました。
 
この業界は開業してナンボなのだと。
 

【仕事に何を求めるのか】

私が仕事に求めるものは、大きく分けると下記の3つです。
  •  ほどほどの給料
  • そこそこの時間的自由
  • やり甲斐
 誰でもそうですよね(・∀・)
私もそうです。
おそらくどの職種でもそうだと思いますが、これら3つを追求してキャリアアップのための転職をしていかないと厳しいのではと思います。
トヨタですら終身雇用は守れないと公言してますし笑
 
なので、この3つを今より上げられるような転職をしようと思います!!
今後の展開に乞うご期待!!٩(ˊᗜˋ*)و
 
今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!!