結婚への果てしなく長き道のり

元事実婚カップルの夫婦が日常を書き綴っていくブログ。バイクネタやモンハンネタ等々

【バイク乗り換えに際して】バイクカバーもリニューアル!!

スポンサーリンク

バイクを乗り換えるにあたって、保管環境も大切です。
が、私の自宅の保管環境は屋外+屋根なしと決していいものではない。
 
 なのでカバー必須となる。
 
でも、そのカバー自体が汚れてきたら・・・?
この問題を解決しようと、発想の転換をしてみた。

【今使ってるバイクカバー:GBT GLOBAL BRIDGE TRADING

今使ってるのがこんなの。

カバーの使用環境としては、屋外かつ屋根なしの駐輪場での使用。
私がバイクカバーに求めていた条件は、
  1. 破れにくい
  2. 溶けにくい
  3. 雨が染みにくい
この3つ(・∀・)
これらの条件で色んな商品をチェックした結果、これにたどり着いた。
 

【実際に使ってみてチェック】

買ってから約2年。
 
引っ越した現在の物件も、屋外プラス屋根なしの駐輪場なので条件は同じ。
 
 
改めて先ほどの3つの条件をチェックしていく。
 

(1.破れにくさ:◎)

2年間使えてるということは破れにくいということ(・∀・)
実際生地も頑丈で、以前ナオヤが強風で転倒した際もバーエンド部分に小さな穴が開いた程度。
 

(2.溶けにくさ:◎)

使用時は特にマフラーを冷ましたりせずに使用。
内側が多少焦げたようにススがついたが、溶けた形跡はなし。
 

(3.雨の染みにくさ:△)

これに関しては私自身があまり気にしなくなったというのが正直なところ笑
だが、時間の経過とともに染みるようになり、ミラーの曇りも出るようになった。
 
破れにくく溶けにくい、丈夫なバイクカバーが欲しいという方には自信を持ってすすめられるカバー。
 
 
私がGBTのカバーを約2年間使ってみて感じたのは、
『破れや溶けは防げても、汚れは防げない』
という当たり前のこと。
 
でもこの当たり前を私はわかってなかった。
車体は洗車できても、カバーを洗うのって結構大変。
 
かといって汚いカバーをバイクにかけるのは抵抗もあるし。
 
なので、バイクカバーに関しては、
『いいものを長く使う<安いものを使い回す』
という方が良いのではと思いついた。
 
なので、
  • 耐久性は低くてok(・∀・)
  • むしろ破けてくれれば諦めもつく。
  • とりあえずバイクを隠しておければいいかな
くらいで安いものを探してみた。
 
で、見つけたのがこれ。
 
レビューによると、
『割り切って購入』
『安い分耐久性なし』
『値段を考えたらとてもいい商品』
『お値段通り』
 
などなど笑
 
わたしも割り切って購入しました笑

【WEIMALLバイクカバー=安いものを使い回すという選択】

結果はしばらく使ってみてからレビューという形で出そうと思う。
 
すぐ目に見える結論が出るものでもないし。
 
半年くらいで破けてもらって、汚れない内に買い替えながら使っていければいいかなっていうイメージ。
 

【まとめ】

最適解はそれぞれの考えやバイク置き場の環境にもよると思う。
 
私の環境では何が最適解なのか。
次のバイクが納車されたら、新しいカバーを使いつつ検証してみようと思います。
 
以上!!
 
今回も最後まで読んで頂き、
ありがとうございましたーっ!!₍₍ ◝( ゚∀ ゚ )◟ ⁾⁾