結婚への果てしなく長き道のり

元事実婚カップルの夫婦が日常を書き綴っていくブログ。バイクネタやモンハンネタ等々

【GT-AIRⅡ】約3ヶ月使ってみてのレビュー

スポンサーリンク

奥さんに買ってもらったGT-AIRⅡ
使い始めてから約3ヶ月が経過。
 
その間専用インカムやミラーシールド等々のインプレをしてきた。

www.shinejijitukon.work

 が、GT-AIRⅡ自体のレビューをまだしていなかったので、改めてレビューをしたいと思います(・∀・)

  • フルフェイスをお探しの方
  • すでにGT-AIRⅡに絞って検討している方
こういった方々のお役に立てるとうれしいです!

 【GT-AIRⅡとは】

SHOEIのツーリングフルフェイス、GT-AIRの後継モデルです(・∀・)
このモデルになって
  1. デザインのシャープ化
  2. シールドの微開ポジション
  3. インナーサンバイザーの拡大化
  4. チンストラップの位置変更
  5. 専用インカム設置機構
の5つの改良点があります。
では1つずつ見ていきましょう。

(1,デザインのシャープ化)

f:id:shine2318:20200405001752p:plain

gt-air


f:id:shine2318:20200405001813p:plain

gt-air2



デザインがさらにシャープにカッコよくなりました!(・∀・)
GT-AIRが欲しいなと思っていたんですが、後継モデルが出ると聞いて待っていた甲斐がありました!
個人的には後頭部のとがった感じがお気に入り

(2,シールドの微開ポジション)

これがメチャ使いやすい!
前のヘルメットの時も、
  • シールド全閉時の信号待ちなどで停車時に空気がこもる
  • それが嫌で1段階シールド上げる
  • 走り出すと風がメチャ顔に当たる
  • シールド閉める
というループがありました。
『停車時には空気がこもらず、走行時には風が当たりすぎない』というこの微開ポジション。
これはホントに良い改良点だなと感じました(・∀・)
派手さはないけど笑

f:id:shine2318:20200405003423j:plain

フルフェイス内に空気がこもらず良い!

(3,インナーサンバイザーの拡大化)

これも使ってみて感動した改良点。
 
以前使っていたヘルメットはバイザーが小さかった(暗いところと明るいところが半々くらい)。
 
そのため明暗のギャップがあり、それが逆に見づらくてミラーシールドに変えてしまった。
そのため、GT-AIRⅡの大きめのサンバイザーはメチャ使いやすい!

f:id:shine2318:20200405003213j:plain

この5mmが意外と大きい(*´∀`*)
バイク通勤となり夜の走行をする今になって、ミラーシールドが怖くなりました笑

(4,チンストラップの位置変更)

先代のチンストラップの位置が分からないので何とも言えませんが、特に違和感はありません。
ラチェット式は着脱がしやすく、非常にありがたいなと思います(・∀・)
むしろラチェット式は必須とすら思える。

(5,専用インカムの設置機構)

f:id:shine2318:20200405003604j:plain

ここに収まるのは衝撃的∑(°口°๑)
これも購入に至った理由としては大きいですね!
インカムはバイク乗る際は必需品だと思っていますが、何かの拍子に落としてしまうのではないかと心配になってしまう(˘・_・˘)
GT-AIRⅡになって、インカムがヘルメットに内蔵されるような形で収納できるので、
  • ヘルメットの空力性能が低下しない
  • インカムが落下する心配もない
  • コード類もヘルメット内に収納するので邪魔にならない
と良い事づくめ(・∀・)

 インカムについての過去記事はこちら。

www.shinejijitukon.work

 

 

インカムとしてのSENA

私はB+COMを使用したことがありません。

なので比較対象が以前使用していた中華製の格安インカムということに。

 

音質
  •  スマホのナビや音楽を再生した時
  • ペアリングして会話している時

どちらにおいても、SENAの方が聞きやすい。

  • 中華インカム:音量の幅が小さく、風切り音でかき消されることがある
  • SENA:音量の幅が大きいので、音量を上げれば普通に聞こえる

といった感じ。

操作性
  • 起動
  • ペアリング
  • 音量の上げ下げ等

操作性においては、完ぺきにSENAが上。

  • 中華インカム:何か操作をしようと思うと、いちいちグローブを外して操作しないといけない。
  • SENA:ボタンが大きくシンプルなので、グローブをつけたままでおk+音声での操作も可能(英語でコマンドを言うので、発音の練習も出来る笑)

操作性に関しては圧倒的にSENA

SENAを使ってみて、私が衝撃を受けたのも操作性の部分が大きい。 

そのくらい使い勝手が違う。

そもそも価格が全然違うけど笑

使用時間
  •  中華インカム:約12時間
  • SENA:約10時間

ここは中華インカムに軍配。

SENAは多機能な分、消費電力が大きいのか。

しかもSRL2は充電しながら使用できないし。

これはマジで改善してほしいと思う。

長時間走る前は、事前に充電しとけばいいって話なんだが。

価格
  •  中華インカム:約5000円
  • SENA:35000円超

価格に関しては圧倒的に中華インカム

SRL2が思ったほど普及しない原因は値段にあると思う。

コストがかかってるのはわかるけど、GT-AIRと合わせたら9万円近い値段。

そう簡単に手が出せるものでもない。

 中華インカムが7個買えるし笑

比較の結果
  • 一人でナビやスマホで音楽を聴くなどの使い方なら中華インカムでも可
  • 他の人と会話しながらのツーリング目的ならSENA

というのが個人的な感想。

ここにB+COMが入ってたら、おそらく1位はB+COMだろうけど

  • 価格重視なら中華インカム
  • 機能重視ならSENA

どちらを重視するかはあなた次第です。

 

インカムに関してはそんな感じ。

【以前使っていたヘルメット『NOLAN n43e trilogy』との比較】

(私が以前使っていたヘルメット)
『NOLAN n43e trilogy』
というヘルメットを使っていました。

 

(NOLAN n43e trilogyの特徴は)

見た目が特徴的なヘルメット。
バイザーやシールドを脱着することで様々なシーンで使えるというヘルメット(・∀・)
  • ジェットヘルメットのような広い視野
  • フルフェイスのようなチンガード
  • インナーサンバイザーも搭載
  • インカム設置用にイヤーパッドも取り外し可能
という、色んなヘルメットのいいとこ取りのようなヘルメットでした。

(良かったところ)

上記の通り、様々なヘルメットのいいとこ取りのような所が1番良いところ(人*´∀`)。*゚
とはいえ、私の場合は使い方は1通りしかなかった笑

(いまいちなところ)

逆に言うと中途半端とも言えます(´ . .̫ . `)
  • ジェットとしては窮屈
  • フルフェイスとしては貧弱
  • インナーサンバイザーもやや小さい
など。

【3ヶ月使ってみての感想】

一言で言うとサイコー!!₍₍ ◝( ゚∀ ゚ )◟ ⁾⁾
理想のヘルメットに出会えたって感じです!

(気に入ったところ)

  • 見た目のカッコよさ
  • 被った時の安心感とフィット感
  • 走行時の静粛性
  • シールドの微開ポジション
  • インカム搭載時の違和感のなさ
などなど。
 
事故った時の安全性についてはまだ何とも言えませんが。
そのときには是非レビューしようかなと思います笑
 
とにかく良い事ずくめ(・∀・)
本当に本当によかったと思っています!
 
買ってくれた奥さんに感謝です!!

(いまいちなところ)

強いて言うならば
  • NOLAN n43e trilogyと比べると重い
  • 視野が狭く手元や足元が見づらい
とはいえ視野の狭さは全面がほぼシールドのNOLAN n43e trilogyとの比較であり、しっかりした造りのフルフェイスだからこそ(・∀・)

【まとめ】

GT-AIRⅡサイコーっ!!
他のサイトでも高評価なGT-AIRⅡですが、
サーキットではなくツーリング等での使用がメインのライダーにはマジでオススメ!!
個人的に気に入ったところで挙げた4点は、このシリーズをずっと使い続けたいと思ってしまうほど(・∀・)
ちょっと値は張りますが、買って後悔することはないはず。
なお、購入の際には店でフィッティングしてもらってからの方が絶対にいいです!
 
以上です!
 
今回も最後まで読んで頂き、
ありがとうございましたー!!